土木工事現場に土質改良機を導入【作業効率をグッとアップ】

記事一覧

重機

中古機器を買う時の注意

土質改良機を中古で購入する時には、人気メーカーの人気機種を購入するようにしてください。人気メーカーであれば日本全国で点検や修理を受けることができ、人気機種であれば売却するときに高値で買取ってもらえるからです。

詳しく見る

作業員

再生率を向上させています

土質改良機は従来方法より狭いスペースで、人力を必要とせず、運搬費も少なくできるといったメリットから土砂の再生率の向上に貢献しています。海外ではpHを調整するために使われますが、日本でも同じ用途にも使われつつあります。

詳しく見る

工事現場

災害の予防策

異常気象が騒がれ集中豪雨によって引き起こされる住宅が、流されたというニュースを見ると懸念してしまうのです。この問題を解決するには地盤の強度を図るための、土質改良をするしかないのではないでしょうか。そのためにも高性能の土質改良機を、使うことを推奨します。

詳しく見る

工事現場

きちんと利用するには

土質改良をする時に欠かせない機械が土質改良機です。利用する事で使いやすい土にする事ができます。土質改良機はレンタルをする事もできますし、中古で購入する事もできます。必要に応じて色々選べるので、用途や予算に合わせる事が可能です。

詳しく見る

重機

改良機の構造

機体上部のホッパと機体後部のホッパからそれぞれ固化材と原料土を投入し、機械内部の混合装置で攪拌して改良土を生成し、ベルトコンベヤで排出するというのが自走式土質改良機の仕組みです。固化材以外の添加材も使用できるので、用途は幅広いです。

詳しく見る

土質を改良するための課題

重機

粉塵飛散やコスト増を解消

道路建設工事や堤防工事などの工事現場では盛土用の土砂が大量に必要となるため、現場で土が得られない場合は建設残土を運搬してきて盛土としています。どちらの場合でも不良土を盛土材料に適した良質の土にする目的で、土質改良の工程が欠かせません。バックホウを使って不良土を撹拌する従来の工法では、土質改良の品質がオペレーターの技術に左右される難点がありました。バックホウを使って不良土の上に石灰等の固化材を散布した後、スタビライザーと呼ばれる特殊機械を使って土砂と固化材を混合させる方法もあります。いずれの工法でも周辺地域に粉塵が飛散しやすいという課題が残され、土質改良の効果を高めるには固化材の割合を増やすことによるコスト増大も避けられません。そうした問題点を解決するために多くの土木工事現場で導入されているのが、自走式の土質改良機です。この特殊機械は固定式プラント型の土質改良機と似た構造をしており、クローラーを備えているため工事現場まで移動することができます。自走式土質改良機にも土砂と固化材をそれぞれ投入するためのホッパがあって、土砂フィーダによって運ばれた土砂に固化材が混合される仕組みです。この混合工程は密閉状態で行われるため天候に左右されず、揺動ゲートや均しローラーの働きで固化材が均一に行き渡る点でも設計が工夫されています。土砂供給量は自動的に計測されており、固化材が事前に設定されたプログラムに沿って適量ずつ投入されるシステムです。こうした土質改良機を活用すれば工事現場近くに住宅地や農地が存在する場合でも周辺への粉塵飛散が抑えられ、環境に配慮した工事が実現されます。不良土を改良土に変える作業が土質改良機導入によって効率化し、固化材投入の無駄を排除することでコスト削減にもつながります。従来工法から自走式土質改良機導入へと切り替えた工事現場では、工期短縮という面でも成果を得ているのです。

Copyright© 2018 土木工事現場に土質改良機を導入【作業効率をグッとアップ】 All Rights Reserved.